ホーム

野次馬根性

読了までの目安時間:約 3分

先日仕事が休みで家でのんびりしていると、友達からランチのお誘いの連絡がありました。
何も予定がなかった私は友達が車で迎えに来てくれると言うので、その前に準備しておこうとすぐにシャワーに入りました。
シャワーから上がり化粧をしようと座ってすぐに少し開けていた窓からもの凄い急ブレーキ音と何かがぶつかったような音が聞こえてきました。慌てて窓の外を見ると大きめの車と原付バイクが事故を起こし、原付バイクは倒れていて、それに乗っていたと思われるおじさんが道に横たわっている状況でした。
窓から見ていると車を運転していた人は放心状態でおじさんに近づきもしません。平日の昼間だったので目撃者は私しかいないと思い、すぐ外に出ようとしましたが私はシャワーから上がったばかりで髪は濡れているしすっぴんだし…と頭を過ぎりましたが、私が行かないと!と思い直し玄関を出て事故現場に行きました。
看護師として働いていたので最低限の知識はありますが、事故現場に遭遇するのは初めての事でした。
とりあえず車を運転していた人に救急車を要請して貰い、その間におじさんに声をかけました。おじさんの意識はしっかりしていて吐いたりもせず目立った傷も無かったものの「腰のあたりが痛い」と言っていました。
むやみに動かせないと思い、おじさんの楽な体勢をとるように言いました。
5分程で救急車と警察が到着しおじさんはすぐに運ばれて行きました。
私は第一発見者になってしまったので警察や消防から事情聴取を受けているところに友達が来ました。「どんなんなってんの!」と言う友達に「後で説明する」と言いましたが結局全て終わったのは事故から2時間以上経過していました。
ランチは中止になってしまったので友達に謝ると「完全に寝巻の格好で人命救助したね」と笑っていました。
しばらくしておじさんがうちに来てくれてお礼を言われました。話を聞くと骨盤骨折をしたそうですが、命に別状はなかったそうなので安心しました。
大した事はしていませんが、風呂上がりのまま駆けつけた甲斐がありました。

 

植毛の値段

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報